清洲城



清洲城の歴史を訪ねる。
P1000614.JPG


清洲城
P1000615.JPG



P1000620.JPG


入り口
P1000617.JPG


模擬天守
P1000618.JPG


歴史の説明
P1000616.JPG



清洲城

通称: 清須城

城郭構造: 平城

天守構造: 不明

望楼型3重4階: 1989年RC造模擬

築城主: 斯波義重

築城年: 応永12年(1405年)

主な改修者: 織田信長、織田信雄

主な城主: 斯波氏、織田氏、豊臣氏、福島氏、徳川氏

廃城年: 慶長15年(1610年)

遺構: 移築現存櫓(名古屋城)、土塁

指定文化財: なし

再建造物: 模擬天守




清洲城

応永12年(1405年)、尾張・遠江・越前守護の管領斯波義重によって築城。

当初は、尾張守護所である下津城の別郭として建てられたが、文明8年(1476年)

に守護代織田家の内紛により下津城が焼失し、文明10年(1478年)に守護所が

清須(=清洲)に移転することで尾張国の中心地となった。一時期、「織田弾正忠家」

の当主織田信秀が清須奉行として居城した以外は常に清洲織田氏(織田大和守家)

の居城としてあり、尾張下四郡を支配する守護代織田家の本城として機能した。

織田信秀が、古渡城に拠点を移すと守護代織田信友が入城したが、弘治元年(1555年)

織田信長と結んだ織田信光によって信友が殺害され、以降信長が那古野城から移って

大改修を加えた後、本拠として居城した。信長は、この城から桶狭間の戦いに出陣する

など、約10年間清須を居城とした。1562年(永禄5年)には信長と徳川家康との間で

同盟がこの城で結ばれた(清洲同盟)。永禄6年(1563年)には美濃国斎藤氏との戦に

備えて小牧山城に移り、以後は番城となった。

天正10年(1582年)の本能寺の変で信長がたおれると、清洲城にて清洲会議が行われ、

城は次男・織田信雄が相続した。天正14年(1586年)に信雄によって2重の堀の普請、

大天守・小天守・書院などの造営が行われている。小田原征伐後の豊臣秀吉の国替え

命令に信雄がさからい、除封され、豊臣秀次の所領に組み込まれた後、文禄4年

(1595年)には福島正則の居城となった。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの折りには、東軍の後方拠点として利用され、

戦後は安芸に転封した福島正則に代わり徳川家康の四男・松平忠吉が入るが、

関ヶ原の戦傷がもとで病死すると慶長12年(1607年)には家康の九男徳川義直

が入城し、清洲藩の本拠となった。

慶長14年(1609年)徳川家康によって、清須から名古屋への遷府が指令されると、

慶長15年(1610年)より清須城下町は名古屋城下に移転され(清洲越し)、

清須城も名古屋城築城の際の資材として利用され、特に、名古屋城御深井丸西北隅櫓

は清須城天守の資材を転用して作られたため「清須櫓」とも呼ばれる。慶長18年

(1613年)名古屋城の完成と城下町の移転が完了したことにより廃城となる。





日本の「城」巡りTOP





posted by oojijisun at 09:21 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。